04
2017

SUB後のお世話

姫様のSUBシステム手術から1年と一ヶ月。

途中、歯肉炎騒動や食欲減退騒動などがあったけれど、今のところ概ね良好。

結石防止のためと腎不全のためにいろいろやってみて、効果があったかも?と思うことを書こうと思う。

まず第一に水分。

SUBシステムの詰まり防止と、腎臓保護のためには一番重要な気がする。

1日4回の食事に30ccずつの水をウェットフードに混ぜて食べさせて(飲ませて?)いる。

薄い味を嫌がる子の方が多いみたいだけど、なぜか姫様はこのスープ食を毎回ゴキゲンさんで食べている。

もしかして味覚音痴?

そして食事は全食腎臓サポート系にしている。

これも姫様はかなりスムーズに移行してくれて、時々ジプシーもしたけれど、今のところは普段の日はスペシフィック FKW、週末はロイヤルカナンのパウチで文句を言わず食べている。

ウェットフードにはキドニーケアを混ぜてカロリーが不足しないように調整。

とにかく水分補給と体重維持をメインにした食事内容。

そして薬はずっと変わらずタツジピン。

動物用だとフォルテコールという名前で出ているようだ。

うちは人間用ジェネリックのタツジピンを体重に応じて割ったものを獣医さんでもらっている。

なので何分の一錠になるのかがちょっとわからん。

1日1回ひとかけら。

これはクレアチニンが正常値を外れてからずっと毎日あげている。

サプリは手術時に軽い肝炎が発覚してからは毎日リバフィットS錠を1つ。

歯肉炎対策にセラプトfmの粉を付属スプーンで半分くらい。

この三種類をちゅーるに混ぜ混ぜして口に放り込んでる。

ちゅーるは塩分が高めみたいなので、あげる量には気を付けて、人差し指の先端、薬をくるめる程度にしている。

他にあげているサプリは美ちょう寿。

これはピルカッターで半分に割ったものを寝る前に放り込んで水差しで流し込む。

そして寝る前に歯磨き。

これは歯肉炎対策でもあるけれど、腎不全の予防のために健康なニャンズにも是非おすすめしたい。

歯周病菌が体内に入ることで腎臓の濾過機能に負担がかかり、腎不全を引き起こすこともあるそう。

うちも手術後からの歯磨きなので、今でもだいぶん嫌がるけれど、そこは我慢して頂いている。

表側の歯茎と歯の間を磨く感じで猫用歯ブラシで磨いている。

裏側も磨けたら良いんだろうけど、絶対むりー。

最後にオーラティーンデンタルジェルを歯茎に塗り塗り。

下僕ズが具体的なお世話としてやってるのは、今ではこれくらいかな。

あとは好きなように生活して頂いている。

獣医さんでも特に運動制限もされなかったので、遊びたいときは好きなように遊んで頂く。

たとえ書類をばらまかれても、積んでおいてあるDVDタワーを崩されても、文句は言いません。

(ちょっと言うけど・・・)

お世話とはちょっと違うけど、おしっこの量と便の頻度だけはかなり注意してる。

これもかなり安定しているので、そんなに神経質にならなくなった。

ただ血尿が出たときにすぐわかるようにトイレの砂は白いものに変えた。

でも白い砂となるとパルプ製しかないんだよね。

ずっとおからの砂だったんだけど、パルプの砂ってあまり固まらないように思う。

トフカスサンドの固まり具合が懐かしい。

しかも白い砂って余計なお世話なことに、おしっこがかかると色が変わるものがほとんど。

色が見たいのにーー。

ベントナイト系だとしっかり固まるんだけど、あの砂埃、ニャンズの肺に入って大丈夫なのか?と心配で避けている。

砂は良さげなのがあったらまたジプシーするかもなー。




スポンサーサイト
ランキングに参加してます。ポチッとして頂ければ嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ にほんブログ村

 FC2ランキング 

0 Comments

Leave a comment