27
2017

王様の下痢ピー

CATEGORY腎不全
王様の下痢ピーが止まらない。

ずっとゆるい便をしていたのだが、それでも3回に1回くらいは良いウンチをしていた。

それがこの2週間くらいずっとかなりの下痢ピー。

それも場所を選ばずトイレ以外のところですることが増えた。

とりあえず一度便だけを獣医さんに持って行って検査をしてもらったところ、菌が検出された。

まずはエンロクリアからと言うことでディアバスターと一緒にもらって帰って、次回の血液検査予定まで四日間飲ませてみた。

そして今日が予定していた月に一度の検査日だった。

このところPCVをメインにクレアチニン程度だけだった検査項目を腎臓の数値と併せて肝臓の検査までお願いした。

ネットで調べたところ、下痢や食欲不振は急性肝炎の疑いもあるらしい。

週の初めはかなり食欲があって、ウェットフードもドライフードも自分でかなり食べるようになっていたのに、この2、3日で急激に食欲が落ちたみたい。

だから数値の悪化を覚悟していた。

先ず検便の結果から聞く。

相変わらずよろしくない菌がいるらしい。

抗菌剤をエンロクリアからフラジールに変更することにした。

そして緊張の血液検査の結果。

PCVは36%。

そしてクレアチニンが1.5、BUN 20。

???

なんか正常値じゃない?

姫様に続き王様まで正常値に入っちゃった。

しかも姫様の検査結果は、こちらのかかりつけの病院の方が今までずっと高めだ。

ま、継続的に見てみないと安心はできないけど、王様まで腎不全ステージ1まで戻っちゃった。

一度クレアチニンが2.0に下がったときにかかりつけの獣医さんに言われたのが、「眠っていた機能が起きたのかもしれませんね」ということだ。

ほんとうにそうなのかもしれない。

王様の腎臓の眠っていた細胞が目を覚ましたのかもしれない。

腎臓の数値が安定したことはとても嬉しいが、今、何より心配なのは下痢ピー。

肝臓の数値も問題なく、血液検査からは特定できないので、おそらく消化器系の下痢でしょうとのこと。

今はとりあえず、王様の意志に任せて決まったフードだけを好きなように食べさせるようにと言われた。

今のところヒルズのK/Dドライを好んで食べているので、それとお水を好きなようにあげることになった。

しばらくお給仕生活はお休み。

腎臓の数値が安定しているので、水分摂取も躍起にならなくても大丈夫みたい。

膵炎の疑いだけはクリアにしておきたいので、外部の検査に回して下さるそう。

これで下痢が治って腎臓の数値が安定したら、もう病気とは思えないんだけどね。

それでもタツジピンとネフガードはやめられないかな。

この二つをあげ続けたことが良かったのかもしれないし。

早く王様の下痢ピーが治りますように。
スポンサーサイト
ランキングに参加してます。ポチッとして頂ければ嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ にほんブログ村

 FC2ランキング 

1 Comments

NYARO  

はやく治りますように・・。

下痢、心配ですね。はやく治りますように。それと、「眠っていた機能が起きたのかもしれませんね」という、先生の言葉。なんて素敵な響きなんでしょう。うちも是非そのお言葉を頂きたいです(笑)とにもかくにも、はやく普通のうんちに戻るように祈ってますね。

2017/02/27 (Mon) 10:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment