16
2017

新しい投薬ツール

CATEGORYサプリとか
姫様に毎日飲ませている薬はタツジピンと肝臓のサプリであるリバフィットS錠。

タツジピンはとても小さく割られていて、比較的飲ませやすい。



リバフィット錠は犬猫が好きなフレーバーが付いているとのことだが、どうも姫様は嫌いらしく上手く吐き出してしまう。

今まではチャオちゅーるに混ぜて口に入れると飲み込んでくれていた。

ただし気になるのがちゅーるの塩分。

一度メーカーのいなばさんに問い合わせてみたのだが、思った通りリンも塩分も高め。

(一応問い合わせた内容と回答は公開しない、という了解のもと問い合わせているので具体的な数値は内緒)

薬をあげるだけ、人差し指の先程度の分量だけれど毎日のこととなると心配だ。

そこで代わりになるものを探していたのだが、いつもフードを購入しているネットショップでお薬用のペーストを発見。




名前もダイレクトに「おくすりちょーだい」とわかりやすい。

チーズのフレーバーが付いているようだ。

ためしにチューブの中身だけをあげてみたところ、おいしそうに舐めた。

うまくいきそう?



おくすりちょーだいで薬をくるんでみたところ。

感触としてはワセリンに近い感じ?

あと、ラキサトーンにも似ている。



いつものやり方通り、口角を狙ってすりつけるようにして飲ませる。

うまく行ったかのように思ったんだけれど、粘度が高すぎるので、薬ごとペッて吐き出された。




今度はもっと喉の奥まで指を突っ込んであげると、なんとか飲み込んでくれた。

使い勝手としてはちゅーるに軍配が上がる。

ちゅーるで心配なのは塩分と、あとは毎日一本も使わないので3日ほどに分けるんだけれど、保管が冷蔵庫になってちょっと面倒。

なんせ、薬の用意をしてる間に逃げられることもあるので、さっと用意できるチューブは有難い。

姫様には他に美ちょう寿も飲ませているんだけれど、こちらは吸着剤代わりなので、夜寝る前に口に放り込んで油差しで水を5ccほど飲ませて終了。

このやり方が一番良いんだろうけど、やっぱり準備してると隠れちゃうんだよね。

王様のお薬はお給仕中にスプーンに混ぜて流し込んじゃうと素直に飲んでくれる。

姫様は食事と投薬が結びついちゃうと食事自体を避ける傾向がある。

性格の違いが薬のやり方にも影響していて面白いっちゃ面白いんだけどね。

スポンサーサイト
ランキングに参加してます。ポチッとして頂ければ嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ にほんブログ村

 FC2ランキング 

4 Comments

NYARO  

No title

ほんとにほんとに大変だと思います・・。うちもとにかくお薬は逃げる!逃げる!逃げる!(笑)
3匹にあげなきゃいけないので、朝も夜も毎日おいかけっこです。特にビビは、今までで口にしたことがあるカリカリ(ウエットなんか見向きもしない)が3種類だけという、ド偏食女。
気に入らないものを口に入れるなんて許してくれるわけがない。
でも、ご紹介されてたのチーズに匂いがするんですね。試してみようかな・・。チーズの匂いは好きみたいなんです。とにかくある日突然、食べなくなったり飲まなくなったりとお猫さまの気分屋はなかなか大変なものですよね。後、体調へのお気づかいコメントありがとうございました。

2017/02/17 (Fri) 09:49 | EDIT | REPLY |   

vanikko  

はじめまして

はじめまして!
昨年の12月に腎不全と診断されました。
お薬大変ですよね。それまで、薬もあまり飲ませることがなかったので、参っています。私、口を開けてもらうのも下手で(>_<)
サプリも試したいですが。

違う記事でキドナとかでカロリーとった方がいいのですね。最近、体重が減ってきてしまって。
これからも参考にさせてください。

2017/02/21 (Tue) 09:37 | EDIT | REPLY |   

さばちり  

NYARO さま

記事で紹介しておきながらですが・・・。
お薬を吐き出すのが上手い子は「おくすりちょーだい」のジェルの塊ごと吐き出します。
今試行錯誤してます。
粘度が高すぎーー
投薬ツールとしてはチャオちゅーるのかつお節味が一番使いやすかったです。
他の味はゆるすぎて指の先からこぼれそうになります。
かつお味は結構しっかり目のペーストなので、薬を包んで口に放り込むのにちょうど良かったです。
本当に塩分控えめ出してほしいです

2017/02/21 (Tue) 22:44 | EDIT | REPLY |   

さばちり  

vanikko さま

お気持ちわかりますとも!!
多分今が一番不安な時期だと思います。
初診から半年間くらいはなかなか絶望的な気持ちでおりました。
安定してくると検査数値の高さにも慣れてくるというか・・・。
猫本人の様子が一番の指標になってます。
ま、いまだに血液検査前はこちらが緊張しすぎて胃がおかしくなってますが。

腎臓病用の処方食は元々高カロリーに作ってあるみたいです。
しっかり食べてくれて体重維持してくれると良いですね。

投薬方法にも色々あるみたいです。
錠剤をお口から直接が無理な場合はクラッシャーで砕いてウェットに混ぜたりとか・・・。
うちも研究中でして・・・。
あまり嫌な想いをせず、穏やかに過ごしてほしいものです。

2017/02/21 (Tue) 22:52 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment