09
2017

やめたこと、やめられなかったこと

CATEGORYその他
にゃんずの病気が発覚以来、続けられなくて止めてしまった趣味がいくつかある。

毎日決まった量の水分を摂らせるために、給餌スケジュールをキッチリ守りたいのでどうしてもフリーの時間は4時間が限度。

私(下僕1)か夫(下僕2)のどちらかは必ずお世話係としてそばにいる必要がある。

どちらかがお留守番して交代で出掛けることはあっても、ふたりで年に一度は行っていた旅行も、わりと頻繁に行ってたドライブ食べ歩きもお休み中。

お稽古事も二つから一つに絞った。

最後に残ったお稽古が茶道。

これだけは止めることができなかった。

習い始めてまだ4年半で、まだまだ小習の入口をチョロチョロしているレベルだけれど、止めなくて良かったと思っている。

さすがに去年の3月の姫様騒動の時は1ヵ月まるまるお休みしてしまったけれど、復活してからは月に3度、なんとか通えている。

個人のお教室でなくカルチャーセンターでのお稽古なので、わりとのんびりできているおかげかもしれない。

お稽古日は土曜日で夫は出勤のため、最初の頃はお留守番ニャンズが心配で飛ぶように帰っていた。

お手前をしながらも、ニャンズのことを考えると、(お稽古止めようかな)と揺らぐこともあった。

でも趣味を続けていたおかげで、わりと精神を保っていられたところもあると思う。

特に腕前的にお手前をしながら他のことを考える余裕なんて全くない。

手順や動きを追いかけるのが精一杯で、その間はにゃんずのこと、仕事のこと、いろいろなことから解放されている。

慢性腎不全との闘いはまだまだ続くものだと思っている。

闘いながらでも良いから、ニャンズとはできる限り長く一緒にいたい。

だからこそ、自分のための時間を一つくらいはもっておいた方が良いと考えている。


IMG_0743.png
掛けてある着物の前でくつろぐ姫様
(頼むから着物に向かってクシャミはしないで)
スポンサーサイト
ランキングに参加してます。ポチッとして頂ければ嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ にほんブログ村

 FC2ランキング 

3 Comments

NYARO  

自分の気持ちの中で膨らんでしまったしんどい部分を補う意味で何か趣味は絶対もってたほうがいいと私も思います。じゃないと、ふくらんだしんどいやつが爆発してしまう。爆発すると家族が大変。(猫にはあたらない)心の抜け道は大切にしないといけないですね。それと、今朝また、血尿が出てしまいました。ピンク色でしたが、なかなか止まらないものです。

2017/02/10 (Fri) 19:25 | EDIT | REPLY |   

さばちり  

Re: タイトルなし

普段は趣味=猫の下僕なんですが、やっぱりたまに他に目を向けると発見が色々ありますね。

うちも姫様がピンクの尿をしていたのは手術してからわりと早い段階だったと思います。
ポート洗浄のときに担当の先生に訊いてみたんですが、
「膀胱にシステムが引っかかっているのである程度は仕方ないですね」
と言われちゃいました。
そっか、仕方ないのかと思ってたら、わりとすぐに治まって、尿検査で潜血が引っかかることもほとんどなくなりました。
素人の想像ですが、そのうち体の方がシステムに慣れちゃうのかと思ってます。
人間の皮膚でも傷ができて治るとその部分が硬くなったりすることありますよね。
そんな感じで姫様の膀胱の壁も丈夫になったのかもって勝手に思ってます。

NYAROさんも体調を崩されているようですが、ご自身も大切になさって下さいね。

2017/02/10 (Fri) 21:03 | EDIT | REPLY |   

コモモおかあちゃん  

さばちり様

こんにちは♪
う~ん、よくわかります。
アッシュ・キッシュは今は良い状態ですが、市外に行くと思うだけでも、気持ちを奮い立たせないとなりません。

私は犬のコモモに病気が見つかった時、かなりいろいろ切り捨てました。
今はとにかくアッシュ・キッシュの側にいたい!と言うのが一番の希望です。

2017/02/11 (Sat) 15:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment