19
2017

大きな間違い

CATEGORYその他
去年の6月から始めたこのブログ。

半年以上経って重大なミスに気づいた。

プロフィールのニャンズの生まれ年がまちがってる!!

正しくは、王様が2003年3月生まれ、姫様が2005年9月生まれ。

ずっと王様を2013年、姫様を2015年生まれにしていた。

10歳もサバ読んじゃってたよ。

現在、王様は13歳、姫様が11歳。

2にゃんともシニア世代になっている。

でも、世界中の猫飼いの人は思ってるはず。

うちの猫はいつまでも子猫のままだと……。

本当に見た目や仕草は子供のままで、甘えん坊でいつまでも可愛い子猫だ。

でも体は確実に年老いているんだろうね。

シニアになると猫は特に腎不全になりやすいそう。

我が家のニャンズは姫様の尿管閉塞のおかげでわりと早い段階から腎不全が発覚してゆるゆるとケアをできている。

王様もずっとCre 2.0-2.2前後で、ステージ2と診断しても大丈夫でしょうとのことだ。

去年の夏に受けたSDMA検査ではステージ3に該当する数値だったのだが、この検査はまだデータの総数が少なく、現在継続して受けている普段の血液検査が安定している以上、そちらの数値を信じた方が良いとのこと。

いまだに血液検査の日はこちらの胃が痛くなるくらい緊張するのだけれど、普段の様子も元気な頃と変わりなく……。

王様はこのまま病気の進行がゆっくりだったら、猫としての平均寿命を迎えられるかもしれないなーと期待している。

姫様の場合は、SUBシステムの調子に依存するところが大きそうだ。

去年3月に手術を受けた時点では、生存実績が5年と言われていた。

チューブの寿命がどのくらいで、将来交換が必要になるのかどうかはわからない。

その時に姫様の体が手術に耐えられる状態かも不明だ。

姫様は生きている腎臓が片方、そして尿管は破裂したままだ。

SUBシステムに100%依存して生きている。

でも心配していた食欲も、ここのところ復活して、強制給餌はほぼなくなった。

尿量も安定していて、夏の頃のような多尿症状もない。

2ヵ月に一度のシステム洗浄の際の培養検査でも、一度も菌が出たことがない。

貧血症状があまりに早く出て、とても心配だったけれど、今のところはエスポーも効いて安定しているようだ。

下僕ズとしてはニャンズの生活が快適なものになるように、身の回りの細々なお世話を続けるだけだ。

大好物の茹でささみをあげられないのは寂しいけれど。

IMG_0710.png
仲良しシニアコンビ
スポンサーサイト
ランキングに参加してます。ポチッとして頂ければ嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ にほんブログ村

 FC2ランキング 

0 Comments

Leave a comment