27
2016

我が家版 猫の尿検査コース


前の記事で、尿量などの管理のことを書いたけれど、今回は我が家での尿検査(下僕2曰くお医者さんごっこ)の手順を書こうと思う。



時間帯は一定の方が良いので、タイミングが合えば朝一番の尿を採るように頑張ってる。

トイレの砂を掻く音が聞こえたら、すかさずお玉を持ってトイレ前に待機。

人前ではトイレをしない子もいるらしいが、我が家のにゃんずは常に人がいる環境で育ったせいかその辺は全然平気。

それどころか、子供の頃は人間が見張ってないと安心してトイレができなかったくらい。



お玉は百均の安物の方が使いやすい。

買ってきたままだと角度的に使いにくいので、柄の部分をぐーっと曲げて真っ直ぐにする。

こんな感じ。


こうするとトイレの外からお尻の下に入れやすいの。

どの子もそうかはわからんが、オシッコポジションを決めてから実際に排尿し始めるとシッポがぐっと上がる。

そこを狙ってシッポの根元の下にお玉を突っ込む。

位置的にはニャンの後からの方がやりやすい。

採った尿はそのまま計量カップに投入。

最初の頃は計量カップで量を量ってたけど、毎回全量が採れるわけじゃないので断念した。

でも、透明のカップの方が色の濃さがわかって便利。

濁っていると蛋白尿になってたり、菌がいたりするらしい。



そこからpHメーターに流し入れる。

本当はスポイトで入れるべきなんだけど、面倒なので、慎重にそのまま注いでる。

購入したラクアのpHメーターは2ー3滴あれば十分測定できる。


測定前には必ず標準液で校正をするようにして、正確な数値が出るようにしている。

こちらは詳しい説明書が入っているのでとても使いやすい。

校正用の標準液は最初に付いている分は結構すぐなくなったので、メーカー違いの安いものを使用。

猫の尿のpHは弱酸性なので1点校正で充分。




最後は水道水で洗って電極を拭いて終了。

電極の薄い膜を傷つけると測定できなくなるので、乾いたティッシュで力を入れずに水分を吸わせるように拭く。



残りの尿は尿比重計に。

実は尿比重計も買っていた。

腎不全の初期のステージで血液検査に異常がでない場合でも尿比重に変化が出ることがあるらしい。





さすがにデジタルのは3万円以上するので自重。



説明書は英語でしか書いてないけれど、使い方は簡単。



尿を1滴ガラス台に置いてプラスチックの蓋を軽くした後、さらに押し込むようにすると気泡が入ることなく均一に尿が広がる。

あとは覗き口から覗いて数値を読むだけ。

使う前に蒸留水で一番下のメモリ(1.000)に青いラインが来るようにセットする。

これは気温差による誤差を防ぐためのものなので、気温が一定の時は毎回しなくて良いかも。

うちは蒸留水というかコンタクトレンズ用の精製水を使用してる。

使用後は柔らかい布で拭き取るようにと書いてあったが、うちは濡らしたティッシュで拭いて終了。

中に水が入るといけないので、水洗いはしないでくださいと書いてあった。






尿比重については基準値との比較だけでは語れないみたい。

ウェットフードをメインに食べていたり、普段からフードに水を混ぜたりしていると基準値の1.035より低い数値が出ることもあるらしい。



尿比重 猫 ウェットフード



で検索すると、その辺の論文や解説が出てきます。

これは毎日の比較のために参考として記録しているだけ。



そして計量カップに残った尿は猫トイレに流す。

そのままトイレごとスケールに乗っけて計量。


計った数値から予め記録しておいたオシッコ前のトイレ重量を引いてだいたいの量を測定。

最後にシッコ玉を片付けて、新しい砂を足してからその状態を再び計量及び記録。

厳密に言うと蒸発分があるので実際の量ではないかもしれないけど、そこは誤差の範囲ということで……。

大事なのは正確な量を量ることではなく、毎日の変化だと思う。



ここまで書くととても大変そうだけど、慣れれば10分くらい。

我が家は夫婦で同じスタンスで協力し合ってるので頑張れてる。

毎日キッチリとなると、人間にもニャンにもプレッシャーなのでできる限りということにしてる。

ただ、ある程度の回数、それから固まる砂を使ってるときはシッコ玉の大きさを把握しておいた方が良いみたい。



システムトイレは、便利だけど一回の量がわかりにくいんだよね。

うちは自宅の方はシステムトイレだけど、もう1週間用のシートは使ってない。

ホームセンターのPBの安いのを一回使い捨てにして重さを量ってる。



<我が家のニャンズは毎日下僕ズと一緒に出勤してる。自営業だからできるワザなんだけどね。
というわけで、猫は事務所で過ごす時間の方が多い。
家のトイレはシステムトイレ、事務所のトイレは猫砂トイレ。
これは事務所の方が圧倒的にトイレ回数が多いので、経済的な理由からこうなったんだけどね。
ほぼ四六時中猫といっしょの毎日
ちゃんと仕事もしてるよ



そして、尿や便の回数・量や体重・嘔吐とかの生理状態の記録を付けるためにFileMakerで簡易データベースを作る私。

Excelとかでも良いんだけど、日ごとの集計取ったりするにはこっちのが便利。

24時間単位での尿量の計算もできるし。

我ながら猫バカ。

FileMakerだとiPhone版があるので、いちいちパソを開かなくて良いしお手軽。

iPhone版は無料なのでちゃんと使えるものが完成したら配布できたら良いのにな。

今のところ生理的な記録のみだけど、そのうち血液検査の記録もできるようにしてグラフ化にも対応したい。

FileMakerも半分趣味だから良いんだけどね。
スポンサーサイト
ランキングに参加してます。ポチッとして頂ければ嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ にほんブログ村

 FC2ランキング 

0 Comments

Leave a comment