FC2ブログ
10
2018

ペットドックの結果

CATEGORY腎不全
今回の集中豪雨、エラいことになってますね。
安住の地を奪われることの大変さ、想像を絶します。
水が引いても元の生活を取り戻すのは時間がかかりそうですね。
前回の東北の地震もそうでしたが、自然災害は水が絡むと犠牲者の数が一気に増えますね。
うちは去年のなんでやねん地方の集中豪雨で、ちょっと恐い思いをしました。
もし避難指示が出ていたとしても、あの雨で先が見えない夜の道を歩くのは大変だと思います。
行方不明の方が早く見つかって、少しでも被害が少なくて済むことを祈ります。


今年は5月から雨が多かった。

王様を最初に大きな病院に連れて行った日も雨だったと思う。

なぜか王様の診察の日は必ず雨で、そして重大な宣告の日もやっぱり雨だった。

何度かあったそんな日、診察が終わった王様をキャリーごと抱き締めて泣きながら歩いて駐車場に戻った。

お会計を待つ時間、待合室にいることができず、下僕2に全部お願いして、雨に打たれながら暗い道を歩いた。

車の中で王様を膝に抱いて大声を上げて泣いた。

記憶の中で一番辛くて悲しいのはその時だ。

王様を実際に亡くしてしまったとき、悲しいことは悲しかったが、少しホッとしたところがある。

わずかな時間だけれど、もがき苦しむ様子を見ていたので、王様が苦しみから解放されたことにホッとした。

それまでずっと感じてきた恐怖からも解放された。

王様を失ってしまうという恐怖。

王様が逝ってしまったとき、その恐怖も去った。

もう永遠に王様を失ってしまったのだから。

もう王様がいない世界になって3週間が経つ。

本当にびっくりするくらい、いろいろなものに興味を失った。

日が経つにつれ、王様がいない現実感が増してとても苦しい。

今はなんとか姫様のために頑張って生活をしている状態。

そして今日、姫様をペットドックに連れて行った。

姫様はマイペースなので、王様がいなくなったことをどう受け止めているかイマイチわからない。

特に寂しそうにして王様を探す様子も見られないし、やっぱりベッドでは真ん中に寝ている。

グルーミングをしあうような仲の片割れが先に逝ったとき、残った方もすぐに後を追ってしまうそうだ。

でも姫様を見てると、そんなことはなさそうなのでその点では良かったのかもしれない。

順番が逆の場合、間違いなく王様は病気になってたと思う。

姫様も姿はかわいくてもやっぱりもう高齢猫さんなんだし、ちゃんと全部見てもらうことにした。

ペットドックはかかりつけの病院にお願いした。

朝にお預けして夕方にお迎え。

なんだか久し振りにかかりつけの病院に顔を出したような気がする。

王様を亡くしたときの御挨拶は下僕2一人で行ってくれたので、王様を亡くしてから私は初めての来院になる。

いつも画像診断をして下さる先生とも、主治医の院長先生ともいっぱいお話をした。

姫様は腸の動きが少し鈍いらしく、ガスがたまりがちだけど特に問題はないと言うことだ。

腎臓はやっぱり片方は機能してないだろうけど、もう片方はちゃんと構造を保っている。

胸部レントゲンにも問題はないそうだ。

血液検査でクレアチニンが2.1から2.7に上昇していることが気掛かり。

今、ウンチ観察のためネフガードを中止しているのだが、それはそんなに大きく関係ないでしょうとのこと。

気になるのならもう少ししてからクレアチニンの数値だけ計ってみましょうと言うことになった。

今回は甲状腺ホルモンの数値も計ってもらった。

高齢猫になると甲状腺機能亢進症になることが多いみたいだし。

この数値も基準値内で問題なし。

尿検査の結果、白血球が検出されたそうだが、これはポート洗浄の時でも時々あること。

膀胱内に人工器具が入っているのでこすれて炎症が起きてしまうのはある程度仕方がないようだ。

クレアチニンの数値が上がったことが心配ではあるけれど、特に大きな問題はなさそう。

それでも安心しきれないところはもう仕方がないね。

あのリンパ腫の進行の早さを経験してしまうと、どんなに検診に頻繁に行ったとしても一生安心なんて出来ないと思う。

ときどき、あのときどうやっていたら王様を失わずにすんだかということを二人で考えるんだけど、どうシミュレートしても結果は同じだったろうねという結論にしかならない。

高齢で腎不全の王様、「すぐに麻酔をして内視鏡をしましょう」ということにはならなかったと思う。

そして胃壁の肥厚が認められたときにはすでにもう手の施しようがなくなっていた。

それでも王様は私たちに覚悟する時間と最後に今までで一番濃密に過ごす時間をくれた。

王様の持って生まれた気高さと優しさだね。

私たち夫婦が育てたとは思えないくらい良い子だった。

その王様が育てた姫様は、あまりに甘やかされすぎて大人になりきれなかったみたい。

きっとまだ王様も心配だからその辺から見てるんだろうな。

IMG_0559.png
世紀末的ヒャッハーな姫様。
ブラッシングで抜けた毛を使ったモヒカン


スポンサーサイト
ランキングに参加してます。ポチッとして頂ければ嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ にほんブログ村

 FC2ランキング 

7 Comments

高齢猫ニャンコママ  

王様の事は本気で残念です
姫様ペットドック受けたのですね異常
無くて良かった
でもクリアチニンちょっと
高めかぁ…
ネフガートは本当にウンチ
真っ黒でよく分からなかった
去年の5月からラプロスに
切り替えたのてから
ウンチの色は黒くなく
いい色のウンチ悪そうなウンチ
見分けがつくよ
今度行く時先生に聞いて
ラプロスに切り替えてみては?
ちょっと高めたけど
姫様のクリアチニンの数値
安定するかも…ウンチの色も
解りやすいかも

2018/07/10 (Tue) 15:13 | EDIT | REPLY |   

高齢猫ニャンコママ  

姫様モヒカン可愛すぎ
でも笑っちゃった( *´艸`)フフフ
遊ばれちゃてฅ'ω'ฅ
下僕1と下僕2の
愛情独り占め
これからメー一杯
愛されて可愛がられるんですよ
ニャンコちゃんは
わがままでいいんですよ
うちのもわがままだし
それでいいのよ姫ちゃん
めっちゃわがままに
甘えなさい💓

2018/07/10 (Tue) 15:21 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/07/10 (Tue) 16:53 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/07/10 (Tue) 18:07 | EDIT | REPLY |   

コモモおかあちゃん  

さばちり様

コモモを見送った時と、とても重なり、痛いくらいです。

コモモの具合が何となく悪くなり、大きな病院にいき、手術し、入院し、一進一退していた時の私の精神状態はたぶんかなり危ない人だったと思います。

あの子が旅立つために家に帰って来たとき、あの子は泣いていました。
コモモの涙はあの時が最初で最後でした。

コモモが旅立った時、私はホッとしました。
あぁ、コモモはもう苦しくないんだな…悲しくないんだな…と思うと、私はホッとしました。


さばちりさん、どうかゆっくり休んで下さいね。

姫様と穏やかに健やかにお過ごし下さいね。

2018/07/10 (Tue) 23:49 | EDIT | REPLY |   

メラルー  

こんにちは。
姫様に大きな異常もなさそうで良かったです!

私も最初にうちに来てくれた愛猫が、
様子が変なことに気が付いてからたった10日で逝ってしまいました。
肝リピドーシスでした。
定期的に検査もしていたのに・・
それまでなにも変わった様子がなかったのに。

なので、今はメラルーや他の子のことも
毎日朝には今日もなにもありませんように、と祈って
夜寝るときには 今日も無事で良かった、と思ってます。

猫と過ごせる1日1日が宝物!大事にしたいですね。

2018/07/11 (Wed) 08:43 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/07/11 (Wed) 21:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment