FC2ブログ
13
2017

インターベリーを試す

CATEGORY腎不全
今日は2ニャンでかかりつけさんに通院。

今回はいつもの血液検査と姫様の歯肉炎、そしてこのところ嘔吐の頻度が少し増えた姫様のことを相談するのが目的。

姫様の嘔吐はこの一ヶ月くらい頻度が上がっている。

明け方に胃液を吐くことは昔から時々あったのだけれど、最近の嘔吐は食後1時間くらいしてから食べたものをかなり豪快にもどす。

頻度としては週に二回くらいなのだけれど、今までになかったことなのでいろいろな病気を疑ってみることにした。

とりあえずクレアチニン 1.8、BUN 28と双方数値が改善されていた。

なので、尿毒症による嘔吐という可能性はまず排除。

あとは膵炎の検査を外注に出して頂いている。

この際心配事を減らすためにも徹底的に調べてもらうことにした。

近日中にエコーで腹部検査をして頂いて、腫瘍などの可能性も洗い出すことに……。

何もなければ安心だし。

歯肉炎にも違うアプローチを試してみることになった。

SUBシステムの病院で勧められたインターフェロンのことをかかりつけの病院で話してみた。

そうするとインターフェロンよりダイレクトに作用するインターベリーという粉末の薬を勧められた。

元々はワンコさんの口内炎なんかに使うらしいが、最近の臨床で猫にも効果があることがわかってきたそうだ。

注射するより粉末を直に患部に塗りつけるので、こちらの方が効き目があるでしょうとのこと。

インターベリー、名前の通りイチゴで培養するそうだ。

粉末の色もうっすらピンク色。

2日に1回寝る前、歯茎に塗りつけるらしい。

その間、オーラティーンはお休み。

かかりつけの先生によると、姫様の歯肉炎は初期の軽度のものだそうだ。

素人の私から見ると赤くて痛々しいんだけどね。

少し期待をして先生に訊いてみたのだが、外科手術をしないかぎり王様のような綺麗な歯茎に戻るのは難しいと言われた。

王様は抜歯してからの歯磨きで、綺麗な艶々の歯茎を保っている。

本当に歯磨き習慣を子どもの頃からつけなかったことが一番の後悔。

王様の血液検査の結果も、ずっと同じで安定している。

王様に関してはこの治療方針で間違いない感じ。

元気で毎日イタズラばっかりしている。

最近流行ってる遊びは湯飲みを手でちょいちょいってやってひっくり返すこと。

現場を目撃してしまった。

悪そうな顔をしてひっくり返してた。

もうちょっとでパソにかかるところだったよ。

IMG_6769.png
猫つめ放題
スポンサーサイト
ランキングに参加してます。ポチッとして頂ければ嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ にほんブログ村

 FC2ランキング 

6 Comments

NYARO  

すみません、そのインターベリーのお味はどんな・・??
美味しいのかしら?気になる・・。
イチゴで培養なんて聞くと、美味しそうな気がする・・。
もしもとき、ティコなら大丈夫・・100歩譲ってトゥムもいけるッ!
しかし、ビビは・・味にうるさすぎる・・
舐めてみました?(笑)

2017/11/14 (Tue) 12:25 | EDIT | REPLY |   

コモモおかあちゃん  

さばちり様

王様は抜歯をしても歯磨きをしていらっしゃるんですか?!
我が家の坊ちゃんも抜歯をしていますが、歯磨きはしたことがないです。

コモモは毎日していたので、歯は最後までキレイでした。

あの、無知ゆえ恥ずかしいですが、《インターフェロン》とはどのようなものでしょうか?
なんか医療のドラマのセリフで聞いたことがあるような ないような・・・。

2017/11/14 (Tue) 21:23 | EDIT | REPLY |   

M  

No title

インターベリー、うちも口内炎に効くかもと先日病院ですすめられました。

けっこう高そうなので正直迷ってます ^^;
歯周病への効果はよく見聞きするのですが、FIV由来の口内炎には本当に効果あるのかなーというあたりも疑問で…。
インターベリーについては私も色々調べてみたいです。

猫さんの歯周病がこれで改善すると良いですね!
症状が軽度であれば効果も出やすいかも??

2017/11/15 (Wed) 12:07 | EDIT | REPLY |   

さばちり  

NYARO さま

インターベリー、匂いはめっちゃイチゴです。
味はイチゴ味のラムネ?の粉?って感じですかね。
ほんの少し甘みがある感じですが、すぐになくなります。
この薬、患部に塗りつけるのがメインの使い方で、飲んじゃうとあまり意味がないそうです。
そういう意味ではビビちゃんでも大丈夫かも?
どっちにしてもひっ捕まえて塗りつけるという行為が必要みたいです。

2017/11/15 (Wed) 20:09 | EDIT | REPLY |   

さばちり  

M さま

うちのかかりつけの先生の話では、口内炎がひどかった猫ちゃん、3ヵ月で効果が出てきたと言うことです。
といっても、目に見えて良くなったというわけではなく、それまでほとんど食べなかった子が少しずつ食べるようになったかなっと言うくらいだそうです。
なんか効果に個体差がかなりあるようで、始めてわりとすぐに効果が出た子もいるし、ほとんど出なかった子もいるそうで……。
かなり気長に様子を見る必要があることは言われました。
姫様の場合、そんなに積極的な治療が必要なレベルじゃないそうなのですが、あまりに保護者がうるさいので出して下さったみたいです(笑

FIV由来でも効果がある子にはあるんじゃないかな?というのが調べてみた感想です。
元の免疫を強化するみたいなので。
でも、どの薬もサプリも、歯肉炎・口内炎には劇的な効果って難しいみたいですね。
Mさんが試されている「きえ〜る」は最終手段にとってあります。
またその後レポートも楽しみにしてます。

2017/11/15 (Wed) 20:23 | EDIT | REPLY |   

さばちり  

コモモおかあちゃん さま

王様は全抜歯じゃなく、一部の歯がまだ残っています。
なので、残った歯から歯周病にならないように毎晩歯磨きをしています。

インターフェロンは王様達が子どもの頃にも使って頂いたことがありました。
2ニャンとも風邪を引いちゃったもんで。
抗ウイルス作用があり、自己免疫能力を高めるそうです。
その時は注射で二日に一回通ってました。
今度のインターベリーは注射ではなく、粉末状の薬なのでお家であげられて便利です。

王族が子どもの時はネコインターフェロンってもっと高かったように記憶しています。
動物の医薬品も普及が進むと少し安くなるみたいですね。

2017/11/15 (Wed) 20:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment