お墓の話

2 -
うちは夫も私もいわゆる本家の出身じゃなく、将来入るべきお墓がない。

ずっとお墓なんて不要だと思ってきたし、その日がきたら海に散骨してもらうつもりでいた。

特に熱心に信心しているわけではないけれど、わりと輪廻転生を信じている方で、自然に帰った方が転生しやすいかなーという浅い考え。

そういう意味では一番理想的なのは鳥葬なんだけど、さすがに今の日本じゃ無理なんだよね。

だから、決まった場所に埋葬されることは全く考えてこなかった。

姫様の手術に続き、王様の腎不全が一時進行してしまったとき、わりと身近にお別れのことを考え始めた。

庭があるような立派なお家じゃないので、庭に埋葬もできない。

気が済むまではお骨をおいておくだろうけど、その後にどうするのかを二人で考えた。

最後の最後まで家族みんなでいる方法。

それでペットと一緒に埋葬してもらえるお墓を探している。

後を継ぐ人がいないので、樹木葬で決まった年数だけ管理してもらえて、できるだけ今住んでるところから近い場所が良いなーと時々ネットで検索している。

これから姫様にも王様にもどのくらいお金がかかるかわからないので、今すぐに買うことはないけれど、両方を見送った後はすぐに埋葬するかは別にしても用意したいなと思っている。

お墓って先に用意すると長生きするというジンクスもあるみたいなので、それにすがってみたい気持ちもちょっとあるんだけどね。

でも、やっぱりお別れはずっとずっと先だと信じている。
IMG_1058.png
肩乗り王様(背後霊じゃないです)
にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ 
ページトップ