水の成分

2 -
姫様に続き、王様の腎不全まで発覚した去年。

猫の腎不全に良いものを探しているときに見つけたのが水素水だった。

他の方のブログで知ったアルピナウォーターに水素水発生装置を一緒にレンタルした。

もともと「毒にならないのなら良いか」とダメ元で始めたので、「今のところ科学的に効果が立証されない」という結論が出た今でもそんなにガッカリはしていない。

水素水そのものを買うよりはるかに安かったし・・・。

アルピナウォーターをレンタルした目的のもう一つはミネラル分がほとんど入っていないところだった。

姫様には結石が出やすいと言われていたので、できる限りミネラル摂取を制限したかった。

かかりつけの獣医さんは日本の場合は水道水で充分とおっしゃったし、私の住んでるところも特に硬水の地域ではない。

それでもとにかく少しでも結石の再発を防止するための最善を尽くしたかった。

純水はそのまま飲むと電解質が入っていない分、吸収されにくくて下痢になったりもする。

でもその頃から水分を積極的に摂らせる方法としてフードに水を混ぜていたので、フードに入っているミネラル分と併せてちょうど良いかもしれないと思ってフードにあげる水はウォーターサーバーの水にしてきた。

途中、王様は下痢ピーが多くなったので、水道水に変更。

でも姫様には毎食ウォーターサーバーの水を混ぜて飲ませている。

手術直後にはナトリウムやカリウムの値が高めだった姫様。

ほんの少しだけど基準値をはみ出していた。

その時は「少し脱水気味ですね」と、SUB手術をした病院で言われた。

少しずつあげる水を増やして、今では毎回の検査でミネラルのバランスは上手くコントロールできていると言われる。

これがウォーターサーバーのおかげなのか、全然関係ないのか・・・。

かかりつけの獣医さんはミネラルウォーターは論外だが、そうでなければ成分を気にするよりじゃんじゃんお水を飲ませる方が大切とおっしゃった。

しかし、姫様の調子の良い今、これも止められないものの一つになっている。

IMG_0973.jpg

かくれんぼ中の王様
にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ 
ページトップ