07
2017

ポート洗浄について

CATEGORYSUBシステム
コメントでリクエスト頂いたので、今回の記事はポート洗浄のことを書きます。

と、言ったところでポート洗浄はいつも日帰り入院みたいな形なので、実際中で何が行われているかは見たことがない。

このポート洗浄というのは皮膚直下にあるシステムの洗浄口であるポートに、シリンジを刺してチューブに生理食塩水を流すことを言うらしい。

皮下に注射するだけなので麻酔はしないのだが、押さえる人と施術する人で人手が必要なので、病院の診察時間外でやるそうだ。

(姫様の病院の場合です。他の病院ではどうやってるか知りません)

姫様が通っている病院は平日は朝9時から昼の12時までが午前診療、夕方4時半から夜7時半までが午後診療になっている。

その間の休診時間中に処置を行ってもらっている。

午前中に連れて行くときも体重や体温の測定と聴診器での軽い診察がある。

あとは最近の様子などを聞かれてそのまま姫様を預けて帰る。

夕方迎えに行くと改めて血液検査と尿検査の結果を聞き、そこで今後の方針などを話し合う感じ。

術後受けた説明ではポート洗浄は1〜3ヵ月に一回で、頻度はシステムの調子を見ながら決めていくと言われた。

実際、最初の1−2回はチューブの流れが良くないと言われたので1ヵ月に一回洗浄に行った。

その後は流れも解消され、血液検査の数値も安定したので2ヵ月に一回の洗浄になった。

3ヵ月に一回まで延びないのは、恐らく姫様の場合は片方にしかシステムをつけていなく、もう片方の腎臓は動いていないので、その片方のチューブの調子が悪くなると残った腎臓にダイレクトにダメージがいくからかなと思う。

昨日の診察でも次は2ヵ月後と言われた。

ポート洗浄時に行う検査は血液検査、尿検査、そして外部に依頼する尿の培養検査だ。

血液検査は調子を見ながら項目が減ったり増えたりする。

尿検査は尿比重、尿pH、尿蛋白などの項目と、あとは尿を遠心分離にかけて沈渣物を調べて下さっている。

そして採取した尿を外部で培養検査をしてもらい、尿にいる細菌を調べてもらっている。

菌がいる場合は合う抗生物質を探して処方してもらうらしい。

姫様はこの培養検査に一度も引っかかったことがないので、どんな抗生物質が出るかはわからない。

前に最初のころにSUBシステムの手術を受けた子たちのその後のことを聞いたのだが、どうもみなさんポート洗浄は欠かさず来てらっしゃるそうだ。

洗浄に来ない子がいないので、洗浄しないとどうなるかのデータがないと言われた。

姫様の手術時、調べ回ってSUBシステムのメーカーのサイトに説明書のPDFがあるのを発見した。

それを読むかぎり洗浄といってもジャージャーと生理食塩水を流すわけじゃないみたい。

超音波で腎盂や膀胱を確認しながらほんの数mL生理食塩水を流すだけのようだ。

説明書は特に医療関係者に制限されたページでもなく、本当に普通にリンクをたどっていけば見つかる場所においてあって、特許を取っている強みなのか、アメリカという国のおおらかさなのか、簡単にダウンロードできて反対にびっくりしたよ。



前の洗浄の時に姫様の施術中の様子を聞いてみた。

「おとなしくしてますよ」

とのことだ。

針を刺すときだけ「んっ」といった感じになるのだが、その時以外はおとなしくしているらしい。

暴れるニャンコさんにはほんの少し鎮静剤を使うこともあるそうだ。

なんせこの手術を受けたこの大半は腎臓を悪くしている。

だから麻酔を使うことはないそうだ。

そして姫様は毎回お腹のポート周りの毛を剃られて帰ってくる。

時々消毒薬の匂いがそこから漂ってくる。

家に戻ると王様に体中の匂いを嗅ぎまくられ、あまりしつこいので姫様に怒られている。

平和な日々が戻ってきたのもこの手術のおかげ。

みんなそうわかっているから、ちゃんとポート洗浄に通ってるんだろうね。



ポート洗浄の頻度は各動物病院で違うのかもしれませんね。

説明書では3〜6ヵ月に一回必要と書いてありました。

詰まりや漏れの可能性がある場合はもっと頻度を上げて良いとも書いてました。

勝手にこんなこと書いちゃって良いのか知らんけど・・・。

えーと、いつもながら素人のブログです。

わからんことはまずかかりつけの獣医さんにお聞き下さいね。

IMG_0961.png

病院から帰り、爆睡中の姫様
スポンサーサイト
ランキングに参加してます。ポチッとして頂ければ嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ にほんブログ村

 FC2ランキング 

16 Comments

メラルー  

参考になりました。

こんにちは。
以前、5月22日頃、明日SUB手術を受けます、とコメントさせていただいたものです。
手術は成功したのですが、術後の回復が遅く、今も食欲があまり戻らないのですが
やっと、少しずつ上向きになっています。
今後のメンテナンスなどの話もまだ全然でておらず、
不安におもっていましたのでとても参考になりました。
かかりつけの病院と手術した病院がちがうので、今後どうするのか
わかりませんが、一度相談してみようと思います。
いつもありがたく拝見させていただいてます。
これからもよろしければ色々と教えてください。

2017/06/08 (Thu) 09:08 | EDIT | REPLY |   

コモモおかあちゃん  

さばちり様

いつもお教え下さり本当にありがとうございます。

御殿場病院(SUBシステム手術の病院)の先生は、ポート洗浄で針を刺すのも可哀相・・・って思いがあるようです。
3ヶ月じゃなくても良いかも・・・と言うニュアンスもあります。

なんでも手術は受けて、その後洗浄にこない人もいるようです。

すごく積極的ではなく、自然にまかせる、というお考えみたいです。
私も出来ることなら、自然にまかせたいけど、そうもいかないのが現状です。

王様はいかがですか?

2017/06/08 (Thu) 12:06 | EDIT | REPLY |   

コモモおかあちゃん  

さばちり様

再度お邪魔致します。
NYAROさんのコメントを拝読致しました。
ありがとうございます。

アッシュはストルバイドとしゅう酸の両方が出ているので、飲ませるとしたらタイミングを考えないといけないですね。

おかあちゃんに《さん》付は不要でお願い致します(^^;

中山きんにくんみたいな感じかな(^^;

2017/06/08 (Thu) 12:15 | EDIT | REPLY |   

NYARO  

うちも同じような感じでポート洗浄してます!
流れ的にはほとんど一緒です!!
違うのは、やはり腎臓の状態・・・。
ビビも片方しかSUBシステムは入れていません。腎結石が片方の腎臓にしかなく詰まってしまい、尿毒症なりました。でも、ビビのもう片方の腎臓の動きに期待しましょう!!!と励まされ、手術に至りました。
今は、SUBいれた方の腎臓と共にがんばってくれています。
洗浄の頻度は、にゃんたちの具合によりその都度変わるので、一概には言えないですよとも言われました。
だから、洗浄の日はドッキドキで心臓爆裂します!

コモモおかあちゃんさんのコメントを見て・・・
びっくり・・。
洗浄にこない????
針を刺すにもかわいそう...
う~~~~むむむむむむ・・むむむむむん!

2017/06/08 (Thu) 13:25 | EDIT | REPLY |   

さばちり  

メラルー さま

まずは手術のご成功、おめでとうございます。
術後の回復はニャンによってそれぞれみたいです。
やっぱり入院、手術って体力的にも精神的にも結構負担みたいですね。
王様のように抜歯手術で日帰り入院しただけで、食欲がなかなか戻らない子もいれば、姫様のように生死を彷徨う手術をした翌日からモリモリ食べる子もいます。
精神的なダメージの方が大きいのかな?
きっとお家に帰って落ち着きを取り戻せば、よく食べてくれるようになると思いますよ。
食べると体力もつくし、また元気になりますね。

うちもかかりつけの病院と手術した病院が違いますが、SUBシステムに関することは手術した病院、その他のこと(腎不全も含めて)はかかりつけの病院に通っています。
病院同士で連絡を取って上手くやって下さっています。
どちらの病院とも相談なさったら、きっと上手く調整して下さると思いますよ。

SUBシステムについては本当に情報が少ないですよね。
うちも姫様の病院しか知らないので、他の病院ではどんな風に術後のケアをしているのか知りません。
「うちはこんな風にやってるよ」と思うことがありましたら、コメント下されば嬉しいです。
メラルーさんのニャンコさんの食欲が復活するようお祈り致します。

2017/06/08 (Thu) 21:16 | EDIT | REPLY |   

さばちり  

コモモおかあちゃん さま

ポート洗浄やっちゃダメって言われてるわけじゃないのなら、気になるときは勝手に洗浄の予約取っちゃいましょう(笑
もちろんアッシュくんの様子を観察することが最優先だと思うのですが、針を刺すよりおしっこが出なくなる方が辛いはず。
病院で暴れ回ったりストレスでぐったりする子もいるみたいなので、通院がベストとは限りませんが、とってもとっても悩んでされた手術への決断なので、できる限りシステムには順調に動いてもらいたいですもんね。

しかし、おかあちゃんさんのブログを拝見するかぎり、すごく最新の設備が整っていて、術後のお見舞いに対するケアもバッチリみたいだったので手術に消極的なのは意外だったです。
そして手術の後にポート洗浄に来ない子もいるって言うのはびっくりですね。
獣医さんにもいろいろな方針や考え方があるんですね。

姫様が通っている病院は学会への論文提出を熱心に行っている先生が多いので、術後のデータを見るためにもポート洗浄を続けて経過を観察するという目的も大きいと思います。
その論文が広まってSUBシステムや、その他の難病の治療法が確立されて、助かる動物たちが増えるのなら、少々の通院は頑張ります。
姫様が本気で嫌がらないかぎり・・・。
正直、すでに姫様は論文の1症例として書かれている予感はします。
執刀した先生が姫様の手術の後に発表した論文がSUBシステムの手術をしたたくさんの猫についてだったみたいですので。
そのうちの一匹に入ってる可能性があります。
姫様「世界デビューを果たす」かしら?

アッシュくんの結石管理はなかなか大変そうですね。
シュウ酸カルシウム、ストルバイトの両方が出ないようにと思うとやっぱりベストpHの6.5前後を目指すしかないんでしょうね。
そういえば姫様の先日の検査でのpHは8.0でしたよ!!
それでもストルバイト結晶は見られないとのことでしたので、これは本当に体質によるものなんでしょうかね。
なんとかフードで調整できるのが一番なんだと思うんですけどね。
こればっかりは尿の調子が良くても猫様ご本人が「おいしくない」と判断すれば、食べて頂けないし。

そういえば、一時順調にpHが6.5位の時がありました。
その時のフードはスペシフィックFKWでした。今は飽きたのか食べてくれませんが。
やっぱりフードの選択って難し〜〜〜

2017/06/08 (Thu) 21:52 | EDIT | REPLY |   

さばちり  

NYARO さま

ビビちゃんもSUBシステム片方だけなんですね。
最初のころ、洗浄の間隔が1ヵ月から2ヵ月に延びたとき、とても嬉しかったです。
でも血液検査も2ヵ月に一回になったので、2ヵ月おきとなると検査結果が恐くて下僕ズとしては緊張でいっぱいでした。
去年末に腎性貧血が出てからはその合間にかかりつけの獣医さんでも血液検査をすることになったので、前の時よりは心の平安を保ってます(笑
いくら何でも一ヶ月で急激にそこまで悪くならんよねと・・・。
と、言いつつも少し数値が悪くなると動揺するんだけど。

同じSUBシステムをできる病院でも、いろいろと方針があるんですね。
うちもギリギリやばいところを助けて頂いたので、病院にも執刀医さんにも絶大な信頼を置いています。
この手術に関しては病院の方針をきっちり守るつもりです。
うちは担当の先生と執刀医さんが別の先生です。
執刀医さんは手術が多くなってお忙しいみたいです。
結局ちゃんとお会いできず、お礼ができていないのが心残りなんですけど・・・。
やっぱりNYAROさんちと同じ病院のような気がするなー。
いつか待合室でお会いしたりして(笑

2017/06/08 (Thu) 22:07 | EDIT | REPLY |   

たまご  

いつも拝見しています。
うちの子も腎結石があるうえ、片腎なんです。問題が起こる前に色々調べておかないと、とこちらにたどり着きました。
基本中の基本で申し訳ありませんが、SUBシステムってどう読むのですか?
エスユービー?それともサブシステム?
調べてもどこにも読み方が出てなくて気になってしまいました。

王様と姫様がスラリとカッコよくて惚れ惚れします。うちにもアビいますが、ちょいデブです。
お写真見るのが楽しみです。

2017/06/09 (Fri) 08:23 | EDIT | REPLY |   

さばちり  

たまご さま

はじめまして。そしてコメントありがとうございます。

SUBシステムは「サブシステム」と読みます。
腎結石と片腎、心配ですね。
いろいろな可能性を予め模索しているなんてすごいです。
うちは何が何だかわからず、頭がこんがらがってるうちに手術を決めてしまいました。
今姫様が元気にしているのは、姫様自身の生命力のおかげです。

うちの王族達は2にゃんとも子供の頃に風邪をひかせてしまい、恐らくそのせいで大きく成長できなかったのでは?と思ってます。
見た目はいつまでも子猫ちゃんです。

またコメント下さいね。

2017/06/09 (Fri) 12:26 | EDIT | REPLY |   

こはる  

いつも貴重な情報をありがとうございます。我が家ももうすぐSUB術後3ヶ月になるのですが、執刀された先生が、基本的に洗浄はしないという方針で、定期検診のみです。

とても熱心で症例数も多く、論文も書かれたり、研究熱心な先生なので信頼していますが、やはりみなさん圧倒的に洗浄に行っていらっしゃるので、ちょっと不安になりました。

先生の治療方針と、我が猫の体調と、よくよく相談して考えます。

我が家も片腎しか機能しておらず、機能している腎臓にSUBが入っていることもあり、ご飯の量や水分量、検査結果に一喜一憂しています。

このブログとみなさんのコメントにいつも元気をいただいています。本当にありがとうございます。

私にできることは全てさせていただくという覚悟で、今日もお世話にいそしみます!

2017/06/09 (Fri) 12:58 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/06/09 (Fri) 13:16 | EDIT | REPLY |   

さばちり  

こはる さま

コメントありがとうございます。

おおー、こはるさんのところの先生も洗浄をあまりしない方針なんですね。
結構他にもそんな病院があるのかも知れませんね。

なにせみなさん同じでしょうけど、手術の時に始めてSUBシステムというものを知り、他の病院ではどうするかわからないまま通院している状態です。
だから今姫様が通う病院のやり方が全てで、その他のやり方をこうやってお聞きすると新鮮ですね。
きっとどの先生も一生懸命SUBシステムのことを勉強なさり、その先生のベストのやり方を模索しながら進めてらっしゃるのでしょうね。

片腎の子、結構多くてこれもびっくりです。
姫様の仲間がたくさんいるかと思うと心強いです。

つたないブログですが今後もよろしくお願いします。

2017/06/09 (Fri) 15:51 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/06/09 (Fri) 18:19 | EDIT | REPLY |   

-  

うちの子も洗浄はしてもらってません‥。納得しているわけではないのですが、理由を聞いてとりあえず様子をみています。因みに理由は、膀胱に向っては同じ出力方向でフラッシュするので問題ないが、腎臓側は流れとは逆に生食をフラッシュするのでその分腎臓から尿を引いてきてからするそうです。それが腎臓に負担をかけるとか‥‥。あくまでこの病院での説明ですので、色々皆さんの情報を見るたび、洗浄を矢張りしてもらいたいなあと思う事もあります。ER併設の病院なのでそうそう間違った説明はとも思いますが‥‥今だ不安です。

2017/06/11 (Sun) 17:04 | EDIT | REPLY |   

さばちり  

6/11コメントのななし さま

コメントありがとうございます。
なんだかこの記事だけコメントがエラい多くなってますね。
それだけポート洗浄に関心が高いんでしょうね。

確かに洗浄の際、腎臓に負担がかかるというのも納得できる理由ですね。
ただ、個人的な意見ですが、ポート洗浄の間隔が長いのはまだわかるとして、ポート洗浄不要というのならあんな複雑な構造にしなくて良いのでは?と思うのです。
腎臓と膀胱を直接チューブで繋げば良いだけのところを、洗浄口をわざわざ皮下に置くのは定期的な洗浄が必要だからだと理解しておりました。
本格的に詰まってしまうとチューブ交換しかないみたいですし・・・。

しかし、わりときっちりとしたガイドラインもあるし、作ってるメーカーが一つなので、ここまで術後の対応に差があるとは思ってもみませんでした。
だいたいみんな同じような感じかなーと思って軽々しく記事にしちゃったことを反省しています。
なんだか不安をあおるような結果になってしまってごめんなさいね。

2017/06/12 (Mon) 18:39 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/06/29 (Thu) 08:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment