Top page  1/20
28
2017

グレーゾーン

CATEGORYその他
王様の目のできのもは相変わらず。

大きくも小さくもならず、ずっと同じところにある。

私自身が、すぐにシロクロはっきりつけたがる性格なので、本音を言うとさっさと切除して組織検査をしたい。

ただしこの大きさでは恐らく組織検査でも良性か悪性かわからないでしょうと言われている。

今後、検体として充分な大きさになって、生検の結果で一番恐れている結果はもちろん悪性だったってことなんだけど。

もう一つ警戒している結果が「グレーゾーン」

王様と暮らし始めて2年半後、姫様を迎えるにあたって受けた検査があった。

FIPの検査だ。

当時の猫雑誌でよく取り上げられていた病気だ。

治療法がなく、発症すれば致死率が高いらしい。

その上感染力も強いので、新しくニャンを迎えるのなら必ず受けてもらうつもりだった。

だから姫様はうちに来た最初の1週間、検査結果が出るまではお試し同居で、王様とは隔離した部屋に入ってもらっていた。

検査はコロナウイルスの数で調べるようなのだが、姫様の結果はグレーゾーンとのことだった。

たった1週間の同居だったが、姫様は私と初めて会ったときからずっとゴロゴロいっていて、隔離部屋に顔を出すとごはんを食べるのも忘れるくらい甘えにやって来る。

私も情が移りきっていた。

これが間違いなく黒だったのなら、それでも心を鬼にしてブリーダーさんに返したと思う。

でもグレーゾーンなら白の方にも可能性がある。

元々検査ではっきりとはわかりにくい病気だとは言われていた。

その時は白の方へ賭けて正式にうちのニャンとして迎えることにした。

それからは発症率が高いと言われる3歳までの年齢を無事越えることができた。

そしてそれから数年後、今度は定期血液検査で指摘されたことがあった。

甲状腺機能亢進症。

姫様は元々すごくよく食べ、そしてお水を飲む子だった。

食べるわりには太らない。

それでも元気だったので何も思わずに生活していた。

それが血液検査で見ると肝臓の数値が少し高めだという。

甲状腺機能亢進症とは確定できないけれど、「グレーゾーン」でしょうとのこと。

その時はその半年後くらいに又血液検査をしたけれど、あまり数値的にも変わらず、年に一回の血液検査で見ていく方向で決まった。

結局その疑いは今は晴れて、今のところ軽い肝炎の他は肝臓の数値に異常は見られない。

今までに、この「グレーゾーン」という結果に2回振り回されたことになる。

きっと医療の世界ではこの「グレーゾーン」て言葉は便利なんだろうね。

結果がどっちに転んでも、言い訳がつくもんね。

無責任なことを言えないというお医者さんの気持ちもわかるのだけれど、はっきりしないモヤモヤ感の持って行き場がなくて困ってしまう。

王様の目のできものも、せっかく麻酔をして取ったとして、グレーゾーンと言われると結局何もわからないままになってしまう。

それなら今のままで良いかなと思ってる。

もちろん急に大きくなったり、王様が目を気にするようになったら話は別なんだけど。



ところで、この間は王様だけを病院に連れて行ったのだが・・・。

看護師さんが王様を見ていった台詞にちょっと笑わされた。

「王様は本当にかっこいいですよね」

ふんふん、それは我々も知ってる。

「同じアビシニアンなのに姫様とは違いますね」

・・・。

えーっと、王様は姫様とは違ってかっこいいのね・・・。

それって姫様がブ○イクってことかな?

いや、悪気なく言ったのはわかってる。

しかもそれを言った看護師さんはお人形さんのようにかわいらしいの。

う〜〜ん。

確かに王様のような美形じゃないけど、でも表情が子猫のままで本当にすごく可愛いのよ。

IMG_6604.png
確かに王様は美しいんだけどね
27
2017

猫の医療費

CATEGORYその他
王様がうちに来たのは14年前。

その頃からすでにペット保険はあったのはあった。

でも、その当時はまだペット保険に関する法整備も進んでなくて、ちょっと信用しきれないところがあった。

何よりそれまで猫と一緒に暮らしてきて、ほとんど病院にかかる必要がなかったので保険に入るほどでもないかなーとタカをくくっていた。

それより毎月決まった額をネコネコ預金として積み立てる方が堅実だと思ってきた。

しかし去年の春から始まった2ニャンの通院騒動で、スゴイ勢いでネコネコ預金が飛んでいった。

特に姫様のSUB手術。

これも保険対象みたいで、保険に入っていたら、何割かは負担してもらえた可能性が高い。

うちはニャンズの年齢的にもう加入できないので、今後もこつこつ貯金をするしかないんだけど。

しかし、金額的に考えてどっちが得かは考えてしまうなー。

ペット保険も支払いに上限があるみたいだし、使うと次の年の保険料が上がるみたいだし。

姫様のように大きな手術をしたら、入っておいて良かったってことになるんだろうけど。

ペットも長生きするようになった分、人間と一緒でいろいろ病気が出てくるみたい。

これが一匹だったら迷わず入るんだろうけど、2ニャン分を払うとなるといくら多頭飼い割引があっても結構な金額になる。

保険会社もあまり安い保険料だと今の制度自体維持できないだろうし。

医療保険に入るか入らないか、対人間でも結構迷う問題だもんね。



今時はどこでもそうかもしれないけど、うちの場合、かかりつけの獣医さんも姫様が通ってる大きな病院もどちらもクレジットカードが使える。

そして療法食やサプリなんかもネットでカードで購入している。

おかげでクレカのポイントがよくたまるようになった。

たまったポイントは楽天ポイントに交換して、また、ニャンズのごはんを買うのに使っている。

ある意味自転車操業?

そういえば、猫の生涯費用が1匹150万円ってどこかの記事で読んだ。

いや、甘いですって。

病気になったらもっとぴよよ〜〜んと万札が飛んでいきます。

それでも大事な家族。

たとえ下僕ズがタクアンとごはんだけの生活になっても、ニャンズの生活だけは維持させるもん!!

IMG_0913.png
「もっと稼げ!」とすごむ姫様

24
2017

色違い

最近ニャンズの抜け毛がひどいので、サボり気味のブラッシングをした。

毛玉ケロリン対策のためにも、もうちょっとブラッシングはマメにしたいところなんだけど。

ブラッシングをするとまわりがエラいことになるので、ついつい後回しになるのよね。

ブラシはシリコン製のブラシなのでブラシについた毛は取りやすい。

でも周りにふわふわ舞う毛はどうしようもない。

外でブラッシングしてたときもあるんだけど、風で舞う舞う!

それを追いかけ回して捕まえるより室内の方がまだマシかと最近では室内ブラッシング。

それでもやっぱりまわりが毛だらけ。

ブラシについた毛と掃除した毛を2にゃんで分けて丸めてみた。

面白いくらい色が違う。

白い方が王様、茶色い方が姫様。

あまり可愛いから取っておきたいけど、この毛玉ってちゃんと管理しないと虫がわくらしい。

それは嫌なので悲しいけどゴミ箱へ・・・。

しかし比較的コートが薄いアビシニアンでこの毛の量だもん、長毛種のニャンズだと大変だろうなー。


IMG_6608.png

本当は取っておきたいくらい可愛い
24
2017

王様の通院 (目のできもの)

CATEGORYその他
今日(23日)は王様の目の経過観察のためにかかりつけの病院に。

できものは大きくもならず小さくもなっていない。

今後の方針を先生と話し合った。

まず生検の話だが、これはできもの自体の大きさがかなり小さい(直径1mmちょっとくらい)ので、この大きさを組織検査に回してもはっきりとは正体がわからないだろうとのこと。

これが皮膚なんかにできた場合だったら、ちょっと針で刺してみて中を確認してみるところなんだとか。

王様の場合は場所が目の際だけに針で刺すのも暴れると目に当たって危険なので、やっぱりちょっと麻酔が必要になるとのこと。

どうせ麻酔するなら全部取っちゃった方が良いが、なんせ王様は腎臓が悪い。

現時点では、良性か悪性かもわからないし、そんな状態で王様を麻酔のリスクにさらすのは止めた方が良いとのこと。

今のところ王様は食欲もあるし、体重も安定していて健康状態も悪くない。

この大きさなら本来は3ヵ月ごとの経過観察で、様子を見ていいく程度のもののようだ。

いずれにしても王様は1ヵ月ごとに血液検査に通っている。

その時に併せて目も見て頂いて、これがどんな風に育っていくか観察した上でもう一度手術をするか決めることになった。

先生にも腫瘍が育って健康を害するのと、寿命が来るのとどちらが先になるかはわからないと言われた。

これがかなり大きくなっていて、王様のQOLを落としているのなら積極的に治療するべきなんだけど。

腎臓さえ良かったら手術一択なんだけどなー。

本当に腎不全が憎いわ。

腎不全さえなければ手術もできるし、姫様の歯肉炎にも強い抗生物質を使って治療してあげられるのに。

IMG_0906.png

最近お気に入りの屋上散歩中の王様
22
2017

王様の目

CATEGORYその他
またまたブログサボりがち・・・。

5月頭にいったニャンズの血液検査も安定していて、CreもPCVも前回の検査からほぼ変わらず。

姫様なんてPCVが再び39%に戻っていてとりあえず貧血の心配もクリア。

腎不全に関しては今のところ小康状態なのかな?

一つだけ気になるところがあって、それを書くか悩んでいてブログを書けないところがあった。

王様の目頭に何か黒いできものがある。

最初は目やにかと思ってティッシュで取ろうと思ってたんだけど、取れない。

実は結構前に気づいていたのだけれど、一時的なものかとあまり気にしてなかった。

それがこの時はちょっと気になって、血液検査の時に先生に話してみた。

「ちょっと気になりますね」

正体は組織検査をしてみないとわからないそうだ。

組織検査となると全身麻酔をして採取しないといけない。

メラノーマかもしれないし、良性のものかもしれない。

一時的に腫れてるのなら、目薬をして充血が取れると治るかもしれないと、この二週間目薬をして様子を見てきた。

そしてこの週末で二週間が経過したけど、やっぱりまだ治っていない。

王様はよく目の上を足で掻いているのだが、掻き方が激しいせいか時々瞼にかさぶたができている。

だから目頭のできものも血豆みたいなものかなと思っていた。

あまり深刻に考えていなかったところにいきなりメラノーマや悪性腫瘍の可能性もあると言われて静かにパニックになっている。

2週間で消えなかったので、もう一度病院に行って聞いてみるつもり。

ここで、下僕間で相談。

今のところ、王様の年齢(14歳)と性格を考えてもう少し様子を見ようという結論なのだが・・・

王様は関西弁で言うところの「あかんたれ」で、結構ナーバスなところがある。

去年の抜歯手術からほぼ一年間、食欲廃絶して、強制給餌で食べさせてきた。

せっかく食欲が復活して自力ごはんで楽しそうにしているのに、また麻酔させて元に戻るのが心配。

そして腎不全の子に全身麻酔をかける心配。

悪性だったとすると腫瘍の進行速度と王様の残りの寿命を考えてどちらが早く来るかもわからない。

そして、できた場所が目というのがまた問題だ。

もし眼球に転移したら眼球摘出になるそうだ。

姫様がかかっている大きな病院は眼科の専門医もいらっしゃるし、腫瘍に詳しい先生もいらっしゃる。

セカンドオピニオンとしても最高だと思う。

手術して生体検査に回してその結果、良性だったとすればそれは安心するんだろうけど、その麻酔が今の王様の腎臓にどう影響するかわからない。

今までわりと即決で治療方針を決めてきたけど、今回ばかりはちょっと参っている。

姫様は10歳とまだまだ若かったし、本当にすぐそこまで死が来ていたので手術の決断が早かった。

あと、姫様の性格と精神力の強さでいけると踏んだ。

ただ王様はやっぱり精神的に弱いようだ。

だから去年の王様の抜歯手術を最後の全身麻酔にしようと思ってきた。

これが今すぐ手術しないと命に関わると言われたのなら即決手術なんだけどね。

当分はかかりつけの獣医さんと相談しながら様子見なのかな。

我ながらウジウジしてて情けない。

なかなか2にゃんともが絶好調とはいかないもんだね。


IMG_6569.png
わかりにくいけど目頭がプクッて黒く腫れてる


追伸
今日コメント下さった方、手術成功を信じてます!!
SUB手術を受けた姫様は今も元気で飛び回ってます。
SUB手術後の方が若返ったかも?